トップページ

 

 NEW BUSINESS 

 

今までにないまったく新しい越境ECビジネスが誕生しました

巨大な中国のネットショッピング市場に進出するチャンス!!

 

2015年に日本を訪れた海外旅行者は1,973万7,000人。

前年比47.1%増加しています。

 

その中でも中国人旅行者は、 客数、及び1人当たりの旅行消費額共にトップです。

また、これまで中国人旅行者の多くを占めていた「団体旅行」から、

「個人旅行」へシフトする流れが起きており、

様々なチャネルから旅行客との接点を持つことが重要となってきています。

 

中国国内では最大通貨と物価のギャップ、偽札リスク等の背景により、

便利で安全性の高い「スマホ決済」が主流となり、様々 なシーンで利用されています。

 

2015年のスマホ決済市場規模は約200兆円で、2014年の2倍、2012年の100倍に増えています。

 

なかでもWeChatPayの1日平均取引額は5億円を越えています。

 

 

 

WeChatとは世界最大のユーザーを抱えるSNSアプリです。(日本でいうLINEです)

このうちアカウント数は約13億人でその中でもアクティブユーザー数は約8億人です。

 

同アプリはわずか6年で世界有数のSNSプラットフォームに成長し、運営するテンセントの株式時価総額は、

2017年5月2日の時点で3000億円(34兆円)を突破しました。

 

また、20以上の言語版があり、200の国と地域をカバーし70を超える国と地域でナンバーワンのSNSアプリです。

 

WeChatは単なるメッセージアプリではなく、ニュースや商品の情報収集限になっています。

 

さらにオンラインでもオフラインでもモバイル決済機能がりようできこの決済機能がWeChatPayとなります。

 

WeChatPayのアクティブユーザーは約5億人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【1】中国では今後も利用ユーザーが伸び、ますますインフラとしての利用が見込まれています。

 

【2】訪日前:企業が発信する情報や、旅行アカウントをフォローして情報収集をしたり、友人が旅行中に投稿した内容や口コミを参考にします。

 

【3】訪日中:家族や友人に欲しい商品が正しいか確認したり、旅行先で見つけた面白い商品を共有したりと旅行中も欠かせないアプリとなっています。

 

【4】訪日後:旅行先で購入した商品を共有したり、興味を持った企業のアカウントをフォローして、欲しい商品が見つかればその企業のECサイトから購入することができるので、商品を買ってもらったら終わりではなくその後も継続的に関心を示しているユーザーに自社商品やニュースをアピールすることが可能となります。

 

 

 

 

 

このプラットフォームを利用して、巨大な中国のネットショッピング市場に進出したい加盟店募集

資料請求をご希望の方はこちらからお願いいたします。